CTデータで診断、高い精度のガイドを使用したインプラント埋入手術。無痛で早い機能の回復。


上顎中切歯(前歯)を虫歯のため抜歯後インプラント治療のケース。

静脈内鎮静法により鎮静下でインプラント治療ですので患者さんは寝ている間に治療が終了しました。

コンピュータ上でのインプラント位置を決定、骨の状態も把握できていますので、抜歯をして切開せずインプラントをCAD・CAMで製作したガイドを使用してインプラントを入れます。

左の図は、シュミュレーションと術後CTでの位置が高い精で一致していることがわかります。この症例では、インプラントを入れた当日に歯も入れています。

切開無しでの手術ですので、術後の腫れや痛みはありません。

写真は、シュミュレーションから作成した、インプラント治療用のガイドです。

顎が痩せて骨造成が必要ではないケースでは、粘膜の切開をほとんどせずインプラント治療が可能で、その日に歯を入れて行くことも可能です。

この治療では、術中、術後の痛み、腫れがほとんど無く、その日に歯が入って機能の回復ができるのが特徴です。