以前、治療を受けた歯が痛いのは放置すると危険です。

歯の治療を以前受けているのに歯が痛い、噛むと痛い症状は、歯根周辺の炎症が考えられます。

体調の悪いときに歯が痛くなる、噛むと痛みがある、熱い物がしみる等の症状として現れます。炎症が治まると症状が消えますが、アゴの骨に虫歯、歯周病からの慢性炎症があります。これらは放置しておくと歯を抜かなければならない場合が多いので、症状が消えても早い治療が必要です。