インプラント周囲炎


インプラント周囲炎とは

インプラント周囲炎には、2種類あります。

1つは炎症がインプラント周囲粘膜に限局するもの、もう一つは炎症がインプラント周囲と周囲骨に及び骨の吸収が起こっているものです。

インプラント周囲炎はインプラントの10%に起こるとされています。

その原因は、インプラント周辺の悪い清掃状態によりますが、定期的に検診を受けていない方や、喫煙者に多く起こります。


インプラント周囲炎の症状

歯周病と同じように初期の状態では自覚症状はほとんどありません。歯ぐきを適切に磨くと出血がみられます。歯と違い相当悪化しなければ、歯肉の腫れや、噛むと痛いと言った症状はみられません。

見た目はほとんど健康な状態と変わりません。歯周病では歯がぐらぐらしますが、インプラント周囲炎では歯の動揺はみられません。それはインプラントと骨は結合しているからです。

CT(3D)像ではインプラン周辺と、隣の歯牙の歯周病による骨吸収がみられます。


インプラント周囲炎にならないためには

適切な清掃を行う。定期的にメインテナンスを受ける。

インプラントは歯と違い清掃しにくい場合があるため適切なブラッシング指導を受けなければなりません。特に補助的な、歯間ブラシ、ウルトラフロスの使用が有効的です。


インプラント周囲炎になったら

歯肉に炎症が限局している場合

適切な清掃を行い、ブラッシングの指導で改善します。


インプラント周囲骨の吸収がおこっている場合

インプラントの周囲の外科的な清掃が必要です。インプラントの表面は複雑で粗造な為、マイクロの超音波で清掃します。これで表面の細菌を除去します。

また、チタン製のマイクロブラシを使用してインプラント表面を清掃します。


さらに高度にインプラント周囲骨が吸収している場合

インプラントの除去を行います。再度インプラントでの治療を望まれる場合は失った軟組織(粘膜)、口組織(骨)の造成手術を行います。但し、定期的なメインテナンス、口腔清掃状態の改善を行っていただき必要があります。