インプラント(人工歯根)

インプラントは、失われた歯のかわりに顎に人工歯根を入れ(埋入)、歯の機能を取り戻す治療です。口腔インプラントと呼びます。1本の歯を失った場合1本のインプラントを入れますが、複数の歯を失っている場合はその本数よりも少ないインプラントを入れる場合が多いです。また入れ歯を支える場合は数本を入れるだけです。

ですので、インプラントの本数はどのような歯を入れるか、又お口の中の状況によって異なります。


歯のタイプ

周りの歯ぐきを調査させて歯の形のインプラント上部構造を装着します。ジルコニア、セラミックの製作を行い、天然の歯とかわらない機能が回復できます。

歯を固定するタイプ

失った歯の2分の1以下のインプラントの本数で機能を回復します。歯の回復だけではなく上部構造で失われた歯肉の回復を行います。

入れ歯を固定するタイプ

入れ歯の調子が良くない方に、入れ歯を支える為のインプラントを必要最低数のインプラントを入れます。入れ歯が安定することで咀嚼の機能が回復できます。